HOME > 事業内容 > テスト設計コンテスト > テスト設計コンテスト'14 決勝戦レポート

テスト設計コンテスト
- テスト設計コンテスト'14 決勝戦レポート

2014年3月8日(土) 於 東洋大学白山キャンパス

テスト設計コンテスト'14 決勝戦
~今、ニッポンにはこのテスト力が必要だ~

テスト設計コンテスト'14は3月8日、JaSST'14 Tokyo会場にて決勝戦を行い、下記結果となりました。
決勝戦出場チームの成果物の一部を掲載しますので合わせてご覧ください。

写真/会場全景
[会場全景]
写真/パネル掲示
[パネル掲示]
写真/講評
[講評]
(JaSST'14 Tokyo
クロージング)

司会進行 : 吉澤 智美 (ASTER テスト設計コンテスト担当理事)
【審査委員】
審査委員長 : 西 康晴 (電気通信大学)
審査委員(本部審査委員) :
秋山 浩一
(富士ゼロックス)
鈴木 三紀夫 (ASTER)
湯本 剛 (日本HP)
吉澤 智美 (日本電気)

受賞チーム

【優勝】 TFC KA・RI・YA (東海代表)

写真/TFC KA・RI・YA (東海)

【準優勝】 MKE98 (審査委員推薦枠:東海)

写真/MKE98(審査委員推薦枠、東海)

コンテスト出場チーム

決勝戦出場チーム(発表順)

本選決勝出場チームの審査結果

順位 得点 チーム名
1 76.4 TFC KA・RI・YA
2 76.0 MKE98
3 70.4 らくてす
4 67.8 Shelly
5 63.6 ちょび
6 54.8 ZUNDA
7 46.6 FUSION

コンテスト内容

  • 下記テストベースに対するテスト設計を行い、その優劣を競います。
  • コンテストは各地域予選を行い、優秀と認められたチームが決勝戦へ出場する権利を得ます。
    今年度は予選で選出されたチームにそのまま決勝戦へ臨んでいただきます。
  • 決勝戦では予選を通過したチームが集い、その腕を競います。予選で作成したテスト設計資料をさらにブラッシュアップすることで、技術を進化させる楽しみを味わってください。
  • 予選前に各地域でチュートリアルを行います。チュートリアルではテスト設計に関する講義を行います。このチュートリアルは一般の方も参加可能です。参加予定チームはもちろん、一般の方もぜひご聴講ください。

◆テストベース

「自動販売機プログラム(ASTERオリジナル)」

テストベースについては下記よりダウンロードしてください。

【テストベースのダウンロード】
http://aster.or.jp/business/contest/doc/2014tdc-v1.zip

  • ASTER自動販売機ユースケース仕様書.pdf
  • ASTER自動販売機ハードウェア構成および販売者用機能仕様.pdf

※本テストベースを作成するにあたり、"OO'97オブジェクト指向モデリングワークショップ報告"を参考にさせていただきました。

テスト設計コンテスト審査基準2014

◆予選、書類選考予選および決勝戦

予選(書類選考予選を含む)および決勝戦とも審査基準は共通

■テストアーキテクチャ設計点(30点)
  • -テストアーキテクチャレベルでテスト観点が考慮されているか
  • -テストすべきこと(テスト観点)がすべて盛り込まれているか
  • -テストの全体像が把握しやすいか
  • -テスト対象とテスト目的の関係が分かりやすいか
  • -テストの厚みやバランスが考慮されているか
  • -テストスコープが明示されているか、明示されたスコープは妥当性があるか
■テスト詳細設計・実装点(20点)
  • -特定のテスト観点において、テストケースが十分に記述されているか
  • -選択したテスト観点が適切か
  • -リスクを考慮した優先順位付けが行われているか
■工程間一貫性点(10点)
  • -テストアーキテクチャとテスト詳細・実装の間のトレーサビリティが取れているか
  • -テストアーキテクチャとテスト詳細・実装のバランスが良いか
■技術点(20点)
  • -高い技術を用いているか
  • -仕様書の問題を指摘できているか
■文書点(10点)
  • -文書の情報量は適切か
  • -記述内容は論理性を保っているか
  • -文書の可読性は保っているか
  • -文書体系が示されているか
  • -文書の保守性を考慮しているか
■プレゼン点(10点)
  • -分かりやすいか(正確な情報が速やかに伝わるか)
  • -主張が受け入れられるか(説得できるか)
  • ※ 書類審査の場合は、プレゼン用に提出した資料で評価を実施する
■特別点(20点)
  • -独自性は高いか
  • -新規性は高いか
  • -発想は豊かか
  • ※ ただし、独自の概念や用語を用いる場合には、用語の定義を必ず行うこと。
以上、合計120点満点とする。

審査員推薦枠の選考基準について

審査員推薦枠の選考基準は、通常の地区予選通過枠の選考基準と異なります。
ここでは両者の違いについて説明します。

テスト設計コンテストの応募作の評価は、審査員の経験上、概ね思考力と表現力の2つに左右されます。思考力とは、テスト対象やテスト要求、テストアーキテクチャ設計、テスト詳細設計、各工程間の関係などをどの程度考え抜いているか、です。表現力とは、考え抜いた結果を成果物としてどの程度存分に表現しているか、を表します。

両者が共に高い応募作は、当然文句なく高い評価を受けます。しかし片方だけが高い応募作は、審査の際に問題になります。そしてコンテストという方式の性質上、思考力は高いものの表現力の低い応募作は、残念ながら低い評価を受けざるを得ません。
一方、思考力は低いものの表現力が高く、かつ過去の応募作の模倣を基盤とする応募作は、そこそこ高い採点を受けてしまうことがあります。思考力が低いのか、それとも思考過程を説明していないだけなのか、の判別が難しいからです。

我々テスト設計コンテストの審査委員は、この傾向が進むと過去の模倣で思考力の低い応募作ばかりになってしまう可能性を危惧しています。巨人の肩に乗るという比喩があるように、過去の応募作の優れた点を採り入れることは、大いにすべきです。しかし自分たちで考えることなく安易に模倣をするというのは、厳に慎むべきでしょう。

そのため今回は、表現力に関わらず思考力が高いと推測される応募作を厳選し、審査員推薦枠として決勝への道を開くことにしました。地区予選通過枠チームはさらに思考力も表現力も高めて決勝に臨むことを期待していますが、特に思考力の向上を意識して欲しいという意図を込めています。もちろん審査員推薦枠チームは、思考力もさることながら表現力を大幅に向上させないと決勝では苦戦するでしょう。

今回の措置の趣旨を決勝戦進出全チームが理解することにより、思考力と表現力の両者が優れた応募作が出そろうことを強く期待しています。

予選スケジュール/選考結果

◆北海道

開催日程 2013年10月25日(金)
開催場所

【JaSST'13 Hokkaido】会場

札幌市教育文化会館

予選結果 【参加チーム】
  • ウエダプロジェクト
  • ちょび
審査の結果、ちょび が予選通過となりました。

◆東京

開催日程 2013年11月30日(土)
開催場所 日本大学 理工学部駿河台キャンパス1号館
(東京都千代田区神田駿河台1-8-14)
予選結果 【Aグループ参加チーム】
  • しなてす
  • 湘南テスターズ
  • SHIFTERS
  • K
  • 三浦マグロ部
  • らくてす
  • リーチロン
【Bグループ参加チーム】
  • チームRedV
  • 株式会社ヴェス
  • アウェアネス
  • Shelly
  • 紙印 テスト倶楽部
  • Nテスコミュコミュ
審査の結果、らくてす および Shelly が予選通過となりました。

◆東海

開催日程 2013年11月15日(金)
開催場所

【JaSST'13 Tokai】会場

刈谷市総合文化センター
予選結果 【参加チーム】
  • EightSAMURAI
  • MKE98
  • Café.Testing
  • TFC KA・RI・YA
  • TesTube
審査の結果、TFC KA・RI・YA が予選通過となりました。

◆関西

開催日程 2013年12月7日(土)
開催場所 大阪イノベーションハブ
(大阪府大阪市北区大深町3番1号
グランフロント大阪 ナレッジキャピタルタワーC 7階)
予選結果 【参加チーム】
  • FUSION
  • TEW西1
審査の結果、FUSION が予選通過となりました。

◆書類選考予選

開催日程 2013年11月初旬
開催場所 非公開
予選結果 【参加チーム】
  • チームT研
  • TEF九州 きゅーと
  • ZUNDA
審査の結果、ZUNDA が予選通過となりました。

◆審査委員推薦枠

各予選に参加したチームの内、惜しくも予選通過できなかったチームの中から1チームを「審査委員推薦枠」を設け、決勝戦にもう1チーム進めることを決定しました。
その結果、東海予選に参加した「MKE98」が審査委員推薦チームとなりました。
審査委員推薦枠につきましては<審査員推薦枠の選考基準について>を参照ください。

◆最終得点

予選通過チーム
審査委員推薦枠チーム
北海道
審査結果
順位 チーム名 得点
1 ちょび 90
2 ウエダプロジェクト 62
東京A
審査結果
順位 チーム名 得点
1 らくてす 75
2 しなてす 74
3 K 72
4 三浦マグロ部 69
5 湘南テスターズ 67
6 リーチロン 44
7 SHIFTERS 35
東京B
審査結果
順位 チーム名 得点
1 Shelly 79
2 Nテスコミュコミュ 49
チームRedV 49
4 紙印テスト倶楽部 43
5 アウェアネス 31
6 株式会社ヴェス 15
東海
審査結果
順位 チーム名 得点
1 TFC_KA・RI・YA 99
2 EightSAMURAI 88
3 MKE98 74
4 TesTube 63
5 CafeTesting 53
関西
審査結果
順位 チーム名 得点
1 FUSION 43
2 TEW西1 38
書類
審査結果
順位 チーム名 得点
1 ZUNDA 46(※)
2 チームT研 37(※)
3 TEF九州きゅーと 34(※)

※プレゼン審査点は加算していません

※地域ごとに予選地域審査員が異なるため、地域間の点数差は正規化していません。

[ページトップへ]