HOME > 事業内容

事業内容

NPO法人ソフトウェアテスト技術振興協会は、ソフトウェアテストシンポジウム (JaSST)の主催、テスト技術者資格認定Japan Software Testing Qualifications Board (JSTQB)の運営、テスト技術の研究活動および普及活動の支援、そして国際的な連携活動としてアジア圏との連携 (ASTA)国際的な動向の調査教育支援活動などを行っています。

ソフトウェアテストシンポジウム:JaSST事業

JaSST(Japan Symposium on Software Testing)

  • ソフトウェアのテスト・品質技術に関する国内最大のシンポジウムです。
    • -組込み系セットメーカ、組込み系ソフトハウス、情報システム系SIer、情報システム系ソフトハウス、パッケージソフトウェア開発企業、情報システムユーザ企業、大学などソフトウェアに関わるあらゆる分野から技術者、管理者が参加しています。
    • -欠席率が極めて低く、みなさん非常に熱心に聴講しているのが特徴です。
  • 最新技術動向や大学での研究成果から企業での実践事例まで幅広い話題が発表されています。
    • -企業の技術者の参加が多いため、様々な技術に関して現場に活用するための活発な議論が繰り広げられています。
    • -ツールやメソドロジに関する、スポンサーとの情報交換も盛んにおこなわれています。
  • 2003年に開始し、規模・地域ともに拡大を続けています。
    • -東京が最大の規模であり、毎回、1700名にのぼる技術者が参加しています。
    • -その他、関西、北海道、九州、四国、東海、新潟など通年にわたり全国各地域で実施しています。
    • -また、CEDEC(コンピュータエンターテインメントデベロッパーズカンファレンス:http://cedec.cesa.or.jp/2012/)とコラボレーションを行っており、双方でセッションを提供しています。
  • 論文や発表資料をWebで公開しているのも特徴です。

テスト設計コンテスト事業

テスト設計コンテスト

  • ソフトウェアテストの技術の普及と向上を目標に、テスト設計のコンテストを行っています。
  • JaSST'11 Tokyo、JaSST'12 Tokyoで実施したスキームを基に2012年度からは全国展開を図ります。

テスト技術者資格認定:JSTQB事業

JSTQB(Japan Software Testing Qualifications Board)

  • 日本における唯一の公的・非営利かつ国際的なソフトウェアテスト技術者資格認定の運営を行っています。
    • -詳細なシラバスや用語集を無償で公開し、技術者の自主的な学習を促すことでテスト・品質技術の底上げに貢献しています。
    • -日本各地(東京、大阪、名古屋、福岡、札幌、仙台、広島、富山、宮崎、新潟等)で試験を実施し、多くの技術者の受験機会を提供しています。
  • 40ヶ国以上の国や地域が参加するISTQBのスキームにのっとっています。
    • -ISTQBでは2002年より、全世界で20万人を超える技術者を資格認定しています。
    • -各国団体は資格および教育・訓練組織認証について相互認証を行っていますので、日本で資格を取れば、全世界で通用する資格となります。
  • 現在日本では基礎技術レベル(Foundation Level)および上級レベル(Advanced Level)の資格認定を行っています。
  • 外部教育機関の認証(アクレディテーション)を行い、教育の裾野を広げると共に教育の質の確保にも留意しています。
  • 2010年にはISTQB総会を日本で開催したのに合わせ、JSTQB カンファレンス in 2010「ISTQB world trend reports」を実施しました。

テストスキル標準:Test.SSF

Test.SSF

  • テスト技術者の人材像とその保有すべき能力の育成・評価のための枠組みとして、Test.SSF(SSFに基づくテスト技術スキルフレームワーク)を策定しています。
  • 一般社団法人 IT技術産業協会(IVIA)とともに枠組み作りを進めており、「SSFに基づくテスト技術スキルフレームワーク(β版)」の公開を2011年8月30日に行い、その後も検討を継続しています。

先端技術開発:智美塾

智美塾

  • JaSST'09 Tokyoのクロージングパネルで提示されたテストライフサイクルを進化させつつ、自らの"テスト開発方法論"を目指し研究を行っています。
  • 参加資格は「テスト設計に熱意をもつもの」他は不問です。
  • 現在は"テストアーキテクチャ設計"を中心に議論を展開しています。

プロジェクトファーブル

  1. 設立趣旨
    • あまり活発に議論されていない分野であるソフトウェアの欠陥そのものに関する研究をしています。ソフトウェアの欠陥を「悪さの知識」と位置づけ、汎用的な欠陥マスタとして共有/蓄積することで伝承・移転可能にし、学術界・産業界においての資産化を目指しています。まず初めに各種欠陥に関する構造等の定義を行い、それを基に応用・利用に関する研究を行っていきます。また、欠陥エンジニアリングという技術分野を確立し、欠陥に強いエンジニアの育成に貢献していきたいと考えています。
  2. 対象とする主な領域
    • ソフトウェア欠陥の分類・整理、知識蓄積、活用・予防
  3. 主な課題カテゴリー
    • -欠陥・障害・インシデント等そのものの検出・整理・記録・活用
    • -発生・混入メカニズム、予防/未然防止メカニズムの解明
    • -欠陥の構造の定義
    • -欠陥の分類法の確立
    • -欠陥の分類ごとの検出方法の導出
    • -欠陥のパターン・メタパターンの検出
    • -欠陥の活用方法の検討
    • -欠陥に強いエンジニアの育成
    • -欠陥に関するメトリクスの明確化
  4. 活動内容
    • -欠陥の事例研究
    • -年1回程度の研究経過報告
    • -欠陥の整理・分類方法の確立
    • -欠陥の構造の研究

STE (Software Testing for Enterprise systems)

  1. STE設立趣旨
    • 現状、エンタープライズシステムにおいてはソフトウェアテストの認知度は今一歩という認識です。エンタープライズシステム向けのソフトウェアテストの振興およびマーケットの創出への貢献を目指します。
  2. 対象とする主な領域
    • 製造、金融、医療、官公庁、社会インフラなどの組織が利用する業務システムにおけるソフトウェアテスト
  3. 対象とするエンタープライズシステムの主な課題カテゴリー
    • 1) ソフトウェアテスト技術
    • 2) テストのロールモデル(およびビジネスモデル)
    • 3) テストのスキル・人材育成
  4. 活動内容
    • STE研究交流会として、広くユーザやベンダ、学術の方を集め、上記課題に対する情報や意見交換を行ないます。また、海外におけるエンタープライズシステム向けのソフトウェアテスト事例などの紹介も行なう予定です。
    • 2012年度は2,3ヶ月に1回の研究交流会の開催を予定しています。
    • 研究交流会の内容は、課題解決策または情報共有などとしてまとめ公開する予定です。

テストツールWG

テストツールWG(Test tool Working group)

  • テストツールWGは、ソフトウェア開発の現場でテストツールの普及推進を行うため、ツールベンダー、ツールユーザというメンバー構成で活動を開始しました。テストツールWGでは活動の一環として、テストツール活用方法を示した冊子の公開を行いました。詳細に関しましては別ページ<テストツールWG>をご参照ください。

Wモデル研究会

Wモデル研究会(W Model study group)

  • Andreas Spillner が提唱したWモデルは、日本において独自の進化を遂げています。2012年度のWモデル研究会では、テスト技術を上流工程へ上手に適用しながら改善を行った事例を集めています。
  • 上記調査結果をまとめ、カンファレンスやシンポジウム等で発表する予定です。

善吾賞

  • 善吾賞は、ソフトウェアの品質向上に寄与する学術的な論文を顕彰するために、学術雑誌や学術シンポジウム等で発表された日本語論文を対象にASTER善吾賞選考委員会が毎年選出するものです。善吾賞受賞者には受賞論文を海外で発表するための補助を行っています。
  • これまでに以下の論文を選出し、JaSST Tokyoで表彰しました。
    • 2012年
      「システムテストのためのフィーチャ分析を用いた機器構成の選択方法」
      (情報処理学会研究報告Vol.2010‐SE‐170,No.21,7 pages,Nov. 2010)
      新原 敦介 (日立製作所 中央研究所)
      渡辺 浩之 (日立アプライアンス 清水空調本部)
      角至 真一 (日立アプライアンス 清水空調本部)
      川上 真澄 (日立製作所 中央研究所)
      小川 秀人 (日立製作所 中央研究所)
    • 2011年
      「プログラム自動可視化ツールAvisを利用した結合テスト実施のための実行経路抽出手法の提案」
      (情報処理学会論文誌 Vol.51,No.9,pp.1859‐1872, Sep 2010.)
      喜多 義弘 (宮崎大学大学院工学研究科)
      片山 徹郎 (宮崎大学工学部情報システム工学科)
      冨田 重幸 (宮崎大学工学部情報システム工学科)
    • 2010年
      「設計モデルを用いたテスト項目抽出とテストデータ生成手法」
      張 暁晶 (NTTサイバースペース研究所)
      星野 隆 (NTTサイバースペース研究所)
    • 2009年
      「ユースケース間の関係を考慮した網羅的な受け入れテストの支援」
      雁行 進夢(早稲田大学)
      久保 淳人(早稲田大学)
      鈴木 三紀夫(TIS株式会社)
      鷲崎 弘宜(早稲田大学,国立情報学研究所 GRACEセンター)
      深澤 良彰(早稲田大学)
    • 2008年
      「不具合に関する知識の抽出に関する研究」
      河野 哲也 (電気通信大学大学院)
      「ModelChecking技術の専門性排除とその効能-An Early Bird as the 2nd eye-」
      野村 秀樹 (富士ゼロックス)

ASTA(Asia Software Testing Alliance)

  • 日本・中国・韓国・マレーシア・ベトナムの5ヶ国で国際アライアンスを立ち上げました。
  • テスト・品質技術に関する技術交流や人的交流によるアジア各国の自律的なソフトウェア品質の向上の支援を行っています。
  • 定期的に技術交流会を行い、各国のシンポジウムに講師を相互派遣しています。
  • その他、ISO、各種国際シンポジウム等への技術者派遣支援を行っています。

InSTA(International Workshop on Software Test Architecture)

InSTA(International Workshop on Software Test Architecture)
「ソフトウェアテストアーキテクチャに関する国際会議」

  • InSTAとは、「テストアーキテクチャ」という概念を軸にテストの質を高める議論が必要だという思いから、テストアーキテクチャに関心を持つ研究者や実務家が世界中から集まり、テストアーキテクチャという概念について国際的に議論する場です。
  • 2011年12月1日に広島にて、22nd annual International Symposium onSoftware Reliability Engineering (ISSRE 2011)(第22回IEEEソフトウェア信頼性工学国際シンポジウム)の併設ワークショップとして、初開催しました。

国際活動:標準化・国際シンポジウム等への技術者派遣等

  • ASTERは技術振興団体として、世界各国の最先端のソフトウェアテストの技術を調査しています。
  • 調査の一つとして、海外の技術カンファレンスに会員を派遣しています。これまでに、ICSTSTAREASTSwiss Testing Dayなどに参加しました。
  • また国際標準の調査も行っています。ISO/IEC JTC1/SC7/WG26(ソフトウェアテスト)にASTERとのリエゾンの委員が参加しています。

各種教育・セミナ・勉強会支援

ASTER 技術セミナ

  • ASTERのメンバがテスト技術の基礎について出前講座を行っています。
  • 今までの実績としては以下の通りです。

札幌

(主催:さっぽろ産業振興財団)

2007/11、2008/5、2008/6、2009/11

札幌

(主催:北海道ソフトウェア技術開発機構(DEOS))
2011/7、2012/7

大分

(主催:大分県工業振興課)
2008/8~12

大分

(主催:大分県産業科学技術センター)
2008/3、2009/1

新潟

(主催:財団法人にいがた産業創造機構)
2012/6、2012/11(予定)
  • その他、各地域の教育活動に関し、支援を行っています。

[ページトップへ]